三菱鉛筆インタビューその7|「続けてほしいセミナー」とは?

そもそもマーケティングとは、というところから、戦略論、戦術レベルのサービスのところまで、というセミナーはほとんどありません。

三菱鉛筆株式会社 商品開発部の若宮さんを訪問しました。
日本能率協会の中川雅志がインタビューいたします。(以下敬称略、役職当時)

最近の新人が持つ課題とは?

image8

中川
ベーシックなところを学んでからでないと、他社事例を聞いても偏ってしまうということですね。

JMAに対していろいろと誉めていただけましたが、逆にJMAに対して、ご要望、ご意見がありまたら、ぜひお聞かせ願えませんか。

若宮
基本的には、嫌でしたら参加いたしませんので(笑)、そういった意味では非常にありがたいと思っています。

しいて言うならば、このセミナーを「続けてください」というのが大きな要望ですね。
ないのですよ、あまり、本当にここまで普遍的なものが。

当然、マーケティングの先生の場合、ある程度、自分の考え方が非常にお強い方が多いのでマーケティング入門セミナーのように幅広くやっていただけるというのは、非常にありがたいですね。

中川
私もJMAに関するインタビューを何十本かやらせていただいておりますが、「セミナーを続けてください」というご意見は初めてなので、感動しております(笑)。

若宮
あまりヨイショするわけではないですけど本当にないのですよ。

そもそもマーケティングとは、というところから、戦略論、戦術レベルのサービスのところまで、というセミナーはほとんどありません。

本人も言っているとおり、仮にそのとき理解できなくても、後々こうやって振り返ることができて、役に立つことであれば、結果オーライだなと思います。

中川
ありがとうございます。
非常にありがたいご意見をいただけました。

関連記事

  1. 岡本講師インタビューその3「新任のマーケターに必要な学びとは?」

  2. 高橋講師インタビューその3「マーケティングリサーチで顧客嗜好を知るために」

  3. 福田講師インタビューその7「先が見えない時代のリーダーとは?」

  4. 参加者インタビュー:はじめてのマーケティング実務基礎セミナー

  5. 福田講師インタビューその7「個客起点でコミュニケーションの最適化を図る」

  6. 高橋講師インタビューその2「消費財企業の抱えるマーケティング課題とは?」