決める・つくる・育てる ブランド入門セミナー

ブランディングの担当者にとって道標となるセミナーです。
ブランド戦略の基本である

  1. 商品・サービス・事業・企業をわかりやすく関連付けて、顧客に明確に認知してもらうこと
  2. 他社とは違った個性を認知・理解して、ファンになってもらうこと


とはどういうことなのかをこのセミナーで習得できます。



セミナー概要

あなたは普段の業務でこのようなことにお悩みではありませんか。
それならば、当セミナーがあなたの悩みを解決する一助となります。最後まで是非お読みください。

  • 市場における自社ブランドの構築ができていないが、自社の差別化を行うための効率的なアクションをどのようにすればいいかわからない
  • 社内にブランディングについての専門部署が無く、基礎的な知識が不足している
  • 自社商品の知名度が低いが、どのように育成を行えばいいかわからない
  • 社内において、個々の商品に対するブランド意識しか持てておらず、自社の商品トータルでブランドマネジメントが行われておらず、必要性も認知されていない
  • 今までは上が企画した販促やプロモーション施策を行っていればよかったが、今後は自主的に企画を立案し、発信していく必要が出てきた



ブランドに対する課題は各社によって様々です。
ロングセラーブランドの若返りを課題に持っている企業もあれば、新商品のブランド浸透が課題の企業もあります。
また、視点を高くすれば、自社のコーポレートブランドや社内ブランディングも課題として挙げられる企業もあります。

どの課題であっても大切なことは、「ブランド戦略」を「自分ごと」として捉えなおすことです。
大切なことは顧客の声をブランドに組み込み、顧客の満足度を最大に高めながらブランドを育て上げることであり、外部指向性を高めていくことです。
決して一部の役員やコンサルタントが机上で行っていればいいものではありません。



上記のようなブランド戦略を考え、実践できるマーケターの育成は急務であり、育成を疎かにしてしまうと、貴社にとってはこのようなリスクが生じてしまいます。

  • 顧客の声を現場で拾ったことのない一部の人間にブランド戦略を任せてしまうと、思考や行動が「自社だけの常識」「会社の都合」に寄ってしまい、顧客に愛されるブランドを形成できなくなってしまう
  • ブランドに対する「思い・志」が欠けてしまうため、戦略の軸がぶれてしまい、顧客が困惑してしまい、認知度の低いブランドになってしまう
  • ロングセラーブランドの構築は貴社の長期的な利益向上のために必須であり、これを担当できる人材が不足してしまうと、貴社の長期的な成長が見込めなくなってしまう



一般社団法人日本能率協会では、適切なブランディングの手法と考え方を学ぶことはこれからのマーケターに必須であると考え、「<決める・つくる・育てるブランド>入門セミナー」を開催しています。



ブランド戦略の考え方と進め方はなかなか理解しづらいと考えられがちですが、当セミナー講師の大澤氏曰く、マーケティング戦略は突き詰めれば非常に簡易に理解できるといいます。
すなわち、ブランド戦略とは、

  • 商品・サービス・事業・企業をわかりやすく関連付けて、顧客に明確に認知してもらうこと
  • 他社とは違った個性を認知・理解して、ファンになってもらうこと

です。



いわば、企業が毎日取り組んでいる様々な思考や行動を、俯瞰的な視点で整理することであり、顧客と接するフロントを担っている「現場」の声を取り込み、外部指向性を高めていくことがやはり大切です。

本セミナーでは、外部指向性を高めたブランド戦略について、座学だけではなく、演習を通じて体験していただきます。知識と体験により磨きをかけ、自身の持つ知識、知恵を顧客価値へ昇華させるため、実際にどのように手を動かせばいいのかを習得していただきます。


当セミナーを受講した方々からは、このようなお話を伺っています。

  • ブランドイメージ、コンセプトの検討を演習で行うことができた点が良かったです。自社の注力すべきプロダクトへ置き換えることでブランドイメージ構築のヒントを得ることができました。職場では新規販促を任されているので、ブランドイメージ向上に役立つ販促資料やカタログの政策に役立ちそうです
  • お客様・現場主体でのブランディングの基本を学べます。自社に戻ってからは、商品のコンセプトを作る際に「強み」「お客様の便益」など、要素を組み立てながらやってみたいと思います
  • 演習を2回おこなう等、 短時間にギュッと詰め込んだ内容で腹落ちすることができました。企業ブランディングとして会社のあるべき姿、10年後の姿について、社内でディスカッションするところから始めてみます



本セミナーに興味のある方は、下記詳細をご確認のうえ、お申込みにお進みください。
“現場の力をドライバーとして、すぐにでも取り組んでいくことのできるブランド戦略”を学び、それを通じて新しい価値を世の中に発信したいと考えているあなたのご参加をお待ちしております。



プログラム1日間  10:00~17:00

第1部 事業の成長に貢献するブランド戦略とは
  Ⅰ 効果の限られたブランド戦略から「成長になくてはならないブランド戦略」へ
  Ⅱ 商品ブランド~企業ブランドを効果的に連動させるには、どうするか
  Ⅲ ブランドは、どこでつくられるか
  Ⅳ ブランドは、どうやってつくられるか

ブランド戦略は、「あった方がいい」程度のものではなく、「なくてはならない」ものです。ブランド戦略の重要性と、構築への基本的スタンスを考えます。


第2部 決める・つくる・育てるブランド──企業ブランド編
  Ⅰ 企業ブランド発信のケーススタディ 
  Ⅱ ブランドステートメントのケーススタディ
  演習ブランドステートメントの作成

「企業そのものの認知と理解を高めたい」というニーズは大きいのです。企業の個性・姿勢を顧客に伝えるには、どんな要素を発信する必要があるかを考えます。


第3部 決める・つくる・育てるブランド──商品ブランド編

  演習・ケーススタディ商品ブランディングの考察

第4部 企業ブランドと商品ブランドの効果的な連動

  演習ブランドフォーメーションの作成演習

「新ブランド導入」か「既存ブランドのリニューアル」か、会社全体のブランドフォーメーションはどうするべきか、ケーススタディを素材に考えます。

本セミナーのまとめと質疑応答

セミナー内容についてのご質問だけでなく、参加者それぞれの関心事や課題意識
に即したディスカッションを行います。


セミナーで使われるテキスト例
本セミナーで使用する教材

※内容は、変更される場合があります。また、進行の都合により時間割が変わる場合がございます。
 あらかじめご了承ください。

講師

大澤 秀男 大澤 秀男
ブランド~アイデンティティ戦略プランナー

  • 日本大学芸術学部美術学科ビジュアル・コミュニケーション・デザイン専攻卒業
  • 決める・つくる・育てるブランド入門セミナー大澤秀男講師

  • 1984年頃から、企業のコーポレートアイデンティティ開発/企業理念開発/エアラインの社内活性化コンサルテーション/公共施設のビジュアルアイデンティティ開発などの作業に関与
  • 1994年「有限会社 大澤秀男ビジョン計画室」を設立、現在同社代表取締役
  • 最近の仕事は、食品会社のブランドメッセージ開発+発信/空港ターミナル会社のブランドステートメント開発/企業統合での理念体系開発/地方自治体のシティプロモーション方針開発の各コンサルテーションなど

    対象

    ■実践的なブランド戦略の考え方を学びたい方
    ■ブランド担当、もしくはブランド担当部門に配属予定で、
     ブランドマネジメントの基本を学びたいとお考えの方
    ■マーケティング、商品企画、広告、広報PR、経営企画
     などの担当者ならびに管理者の方々

    会期

    開催日
    開催時間
    開催地
    2017年2月24日 (金)10:00~17:00東京
    2017年6月27日 (火)10:00~17:00東京
    2018年2月14日 (金)10:00~17:00東京

    会場

    日本能率協会・研修室(東京・千代田区・一ツ橋)
    ※開催会場は変更する場合があります。その場合は別途ご案内いたします。

    定員

    36名(10名に満たない場合は延期する場合があります)

    参加料(税抜)

    日本能率協会法人会員

    49,000円/1名
    上記会員外59,000円/1名

    ・参加料にはテキスト、昼食費が含まれております。
    ・本セミナー開催最終日の消費税率を適用させていただきます。

    決めるつくる育てるブランド入門セミナー

    お問い合わせはこちら

    パンフレットのダウンロード

    サブコンテンツ
    ページトップへ戻る