販売予測入門セミナー

販売予測を活用して理論的な販売計画を立てたいと考えているマーケターの道標となるセミナーです。

  1. 座学による各種手法の理論と活用法の学習
  2. Excel事例と演習を通じた実践的学習

により、統計学の基本を販売予測に活用するための知識と手の動かし方を学んでいただきます。

講師からエクセルのアドインもプレゼントいたします(詳しくはページ最下部)ので、学んだことを明日すぐ使える実践的なセミナーです。


セミナー概要

あなたは普段の業務でこのようなことにお悩みではありませんか。それならば、当セミナーがあなたの悩みを解決する一助となります。最後まで是非お読みください。

  • 不確定要素による月毎の販売のばらつきをどのように予測したらよいのか悩んでいる
  • 複雑化するサプライチェーン、多様なデータによる業務負荷の増加を踏まえ、今後どのようなツールやITを使うべきか悩んでいる
  • 日々変化していく市場における当社製品の動向について、明確に要因を特定することが難しい
  • 需要予測が難しく、仕組化ができていないのでマンパワーに頼らざるを得ない状況を何とかしたい
  • 自社で行っている販売予測の手法が正しいのか知りたい
  • 今後の需給予測など分析の要望が以前より増してきたが、理論などに裏付けされた手法が確立できておらず、方法に困っている



顧客の嗜好の多様化や市場変化の加速により、将来を予測することの重要性はますます高まりつつあります。が、一方でその難易度も加速度的に増しています。増え続ける説明変数を前に、どのようにして経営課題を解決するための予測データを抽出すべきか悩んでいるマーケターの方の数は増えつつあります。



経営課題の中でもとりわけ重要な売上を左右する、販売予測の精度を高め、自社売り上げに貢献することは急務であり、この課題を解決せずにいると、貴社にとってはこのようなリスクが生じます。

 ☑適切な販売予測ができないと適切な戦略を組み立てることができず、
   多くのロスが発生してしまう。その結果、利益の減少や自社リソースの
   無駄遣いが多発してしまう
 ☑カンコツに頼った販売予測だけでは適切な予測が難しくなっており、
   また、人に頼った予測手法は後継者不足につながる
 ☑短期的な販売予測の手法が確立できなければ、長期的な需要予測似も難しくなるため、
   ヒット商品開発も手探りで行わなければならず、成功確率は当然下がる




一般社団法人日本能率協会では、適切に情報を収集し、販売予測を行うことのできる人材が今後の日本企業には必須と予期し、「販売予測入門セミナー」を開催し続けています。



当セミナーを受講した方々からは、このようなお話を伺っています。

  • 予測に対して不安を持たれているかたに特におすすめです。様々な分析法を学ぶことで私はその不安を払しょくできました。自社に戻ってからは、同部署内のマーチャンダイザー是認が活用しやすい回帰分析のフォーマットを作成・共有します。
  • 販売予測についてゼロから学べ、明日から販売予測が試せるようなセミナーでした。まずは自社データを用い、演習を繰り返し行って、売り上げ予測を正しく出せるようにしてみます。
  • テクニカル的な話だけではなく、予測とは?統計とは?とかなり広範囲の胚葉で、初心者や入門者にも適していると思います。今回習った相関や回帰分析など、手元のデータを使って自分のモノにしたいと思います。



本セミナーに興味のある方は、下記詳細をご確認のうえ、お申込みにお進みください。
自身の販売予測精度を高め、自社に貢献したいと考えているあなたのご参加をお待ちしております。


1日目 10:00~17:00

販売予測の基礎知識
販売予測とは何か?その定義や基礎知識、概念としての予測手法について、体系的に学びます。これによって、販売予測の全体像がわかります。

【1】販売予測とは何か
 ・予測の定義
 ・販売予測の重要性
 ・販売予測のプロセスと枠組み

【学習のポイント】
計画の前提となる予測の概念を学びます。

【2】販売予測の基本的な2大方法
  ・定量的予測法と判断的予測法

【学習のポイント】
予測の基本的2大方法を学びます。

【3】予測に必要な基礎知識
  ・予測単位と予測期間
  ・データの分布情愛を把握する基本統計量
  ・2つの変数の関係性を見る相関係数
  ・Excelによる事例

【学習のポイント】
予測に必要な基礎知識を学びます。

【4】予測に用いるデータとその準備
  ・データの分類と具体化
  ・データの加工方法

【学習のポイント】
データの事前処理の方法を学びます。

【5】時系列モデルによる予測
  ・季節指数の求め方
  ・月次変動を除去する移動平均法
  ・売上傾向を分離して解くTCSI分離法
  ・指数平滑法に季節性を加味したホルトウインターズ法
  ・Excelによる事例

【学習のポイント】
過去の売上傾向(パターン)を用いた予測方法を学びます。

      

2日目 10:00~17:00

販売予測の実際
各種予測手法について、理論的背景およびExcelを用いた事例などを通して、販売予測の
実際を学びます。予測手法を身に着ける最速の道は、実務でのトライアル&エラーを繰り返すことです。

【6】製品ライフサイクルと予測
  ・製品ライフサイクルとは
  ・普及率や成長率を予測する成長曲線モデル
  ・Excelによる事例

【学習のポイント】
製品のライフサイクルを考慮した予測方法を学びます。

【7】因果関係を考慮した予測
  ・重回帰分析の理論的概要とその活用方法
  ・Excelの分析ツールで回帰分析を行うには
  ・Excelによる事例
  ・演習問題

【学習のポイント】
アクション要因を加味した予測方法を学びます。

【8】エリア別の予測
  ・地域特性を把握する特化係数法
  ・地域性を考慮した共分散重回帰分析
  ・Excelによる事例

【学習のポイント】
地域特性、期間特性を考慮した予測方法を学びます。

【9】人の判断による予測
  ・人の判断を活用したベイジアン・コンセンサス法
  ・Excelによる事例

【学習のポイント】
意思決定者の暗黙知を活用した予測方法を学びます。

【10】予測のための留意事項
  ・予測に役立つ9つの秘訣

【学習のポイント】
予測担当者が知っておきたい秘訣を学びます。

本セミナーで使用する教材(一部)
販売予測入門セミナー 教材

■2つに大別した予測の方法
販売予測入門セミナー 2つに大別した予測の方法

※内容は、変更される場合があります。また、進行の都合により時間割が変わる場合がございます。
 あらかじめご了承ください。

講師

大石 展緒
株式会社アイ・エム・シー開発 代表取締役
元 愛知学泉大学 教授
社団法人日本能率協会 専任講師

  • 専門:統計解析及びマーケティング
  • 著書:「販売予測入門」(東洋経済新報社)
       「カオス的市場の販売予測」(共立出版)
       「EXCELによる販売予測入門」(日刊工業新聞社)
       「マーケティング意思決定」(講談社サイエンティフィック)
       「Amosで学ぶ調査系データ解析」(東京図書)
                       その他多数

二宮 政彦
株式会社アイ・エム・シー開発 ディレクター

  • 専門:統計解析及びマーケティング
  • 著書:「カオス的市場の販売予測」(共立出版)
       「EXCELによる販売予測入門」(日刊工業新聞社)

対象

・各企業の営業・販売・マーケティング・調査・企画・商品開発などの
 部門において販売予測を担当されている方々
・販売予測の基礎と実務を体系的に学びたい方

会期

開催日
開催時間
開催地
2017年 7月12日(水)~13日(木)10:00~17:00東京
2018年 1月25日(木)~26日(金)10:00~17:00東京

会場

日本能率協会・研修室(東京・千代田区・一ツ橋)
※開催会場は変更する場合があります。その場合は別途ご案内いたします。

定員

36名(5名に満たない場合は延期する場合があります)

参加料(税抜)

日本能率協会法人会員89,000円/1名
上記会員外99,000円/1名

・参加料にはテキスト、昼食費が含まれております。
・本セミナー開催最終日の消費税率を適用させていただきます。

受講者の声

  • テクニカル的な話だけではなく、予測とは?統計とは?とかなり広範囲の内容でした。
    初心者、入門者にも適していると思います。今回習った創刊、回帰分析など、手元のデータを使って自分のものにしたいと思っています
    (化粧品 SCMでの需給調整・在庫管理 5年以上)
  • 統計学の概念、Excelでの実践、両方向から二人の講師によって教えていただき、
    入門編としてちょうどいいレベルでした
    (化粧品 生産調整 1年目)
  • 販売予測についてゼロから学ぶことができ、明日から販売予測が試せるようなセミナーでした
    (製薬 売上管理・予算管理 3年目)
  • 活かせる考え方、計算方法が多くありました。いかに実務に落とし込めるか?はやってみて・・・に
    なるかと思います
    (サービス 戦略策定 5年以上)
  • 予測をする上で新しい手法のアイディアとなる。部内に広がらせ、可能であればモデルを
    作るところまでやる
    (精密機器 財務分析・販売予測 5年以上)
  • 自社に戻ってから、重回帰分析を用いて、各要因の影響度を把握したり予測値を算出したり、
    いろいろと試みてみたいと思います
    (物流 MD業務 5年以上)
  • TCSI分離法など、すぐに活用したい方法論を学ぶことができた。
    データの生かし方が重要で、そこから見えてくるものを課題として生かしたい
    (食品 商品開発の調査・分析 5年目)
  • 自社では、販売予測は現場とのやり取りの中で、担当者個人の判断で決めている。
    より精度の高い予測をするためにも、今後は是非、ベイジアンアプローチを導入したい
    (機械 開発・営業 5年以上)

無料特典 【Excelのアドイン】時系列モデルによる予測を加味した売り上げ予測

1日目の最後のプログラムで行う「指数平滑法に季節性を加味したホルトウインターズ法」で利用するExcelのアドインを、無料でプレゼントいたします。

プログラム中でアドインを用いながら、販売予測の原理を学びますが、このアドインを利用すれば学んだことをすぐに自社で展開することができます。

お早目のお申し込みをお待ちしております。


マーケティング・リサーチ実践コース

お問い合わせはこちら

パンフレットのダウンロード

サブコンテンツ
ページトップへ戻る