グラフィックファシリテーション入門セミナー

左脳的な議論や思考に行き詰まりを感じる場面に、第3の手法

本セミナーはこのような課題をお持ちの方々におすすめします

  • 新規事業・新商品開発など、会社から新しい発想を求められている。
  • 新しい価値を創造するためのヒントを得たい。
  • マーケティング活動に関わっている担当者やスタッフで、もっと直感的、感覚的、映像的に
    カスタマーのニーズをつかみたい。
  • 機能スペックや技術からの発想ではなく、未来社会が求めるものの探し方を知りたい。
  • ただのアイデア出しで終わらない議論の場を作り出したい。
  • ご自身が熱い思いを持っていて「やりたい」けれども 「やってみないとわからない」新規事業へ挑戦する価値を社内にうまく伝えたい

本セミナー受講で学べること

  • 生活者インサイトや価値観のような「うまく言葉や文字にできないこと」、
    未来ビジョンやブランドコンセプトのようなはっきり目に見えていないこと」、
    未来行動を妨げているメンバーのモヤモヤ感といった「曖昧なもの」などの共有方法が習得できる。
  • 参加メンバーに新たな気付きや問題を提起して、本質的な対話を促進し、チームを1つにできる。
  • 「まさにこんなものが欲しかった」といった未開拓の需要や新しい価値観や ライフスタイルを提案する未来シーンを探るプロセスが習得できる。
  • 自社としての意志をチーム内で確立・共有できる。

パンフレットダウンロード




グラフィックファシリテーション入門セミナーの申込みはこちら

お問い合わせはこちら

本セミナーの説明

上記のような皆様のお悩みを解消するには、
今まで自分が用いていた左脳的な考え方を一度止め、本当にわくわくするような、右脳的な考え方を用いて発想を広げていく。
これが何よりも大切です。

ですが、これを行うのはなかなか難しいものです。

どうしても会社内・組織内で働く際にはロジカルな考え方が重要となるものですので、皆様が業務を推進する際に行ってきた思考はロジカルな左脳的な発想であることが大半です。
これまでご自身が長年行ってきた思考法を急に変え、業務に活かすアイディアを生み出すことは、ご自身の力だけでできることではありません。

一方で、市場成熟が進むにつれ、ロジックで生み出した商品・サービスではなかなかお客様のニーズを捉えることが難しくなってきました。
顧客の心を真に捉えるためには、まずそれを生み出す皆様が真にワクワクできる事業でなければなりません。



ここがポイントです。

皆様が本当にワクワクし、絵空事に終わらせない未来を描くための会議を設計するには、入念な事前準備と会議の構築が不可欠です。


本セミナーは、マーケティング発想分野のコースとして、マーケティング関連部署で成果を出したい方や、自社の未来を考えだすことに行き詰っている方々を対象として、左脳的な議論から抜け出すための方法を学ぶためのセミナーです。

本講座では、グラフィックファシリテーションという手法の考え方を学びます。
グラフィックファシリテーションは、、「言葉」と「文字」だけでは伝えきれない思いのある会議で、多様な参加者の理解をつなぐ第3のコミュニケーションツールです。
「チームを一つにして」「新しい発想を生み出し」「議論を絵空事に終わらせない」ための手法であり、「聴いて」「描いて」「話しあう」ことで、「未来シーン」を紡ぐ力を活性化させます。

右脳を刺激するグラフィックファシリテーションの考え方(絵巻物思考)は、左脳的な議論や思考に行き詰まりを感じる場面において有効です。
本講座では、絵巻物思考を導入することで多様な人材が集まる場から  創造的な発想や本当の問題、本質的な対話を生み出し、『絵空事に終わらせない未来』を描く方法論を学びます。

グーグルが自動車を開発するように、どの会社が将来の自社の競合となっているかわからない時代となり、
自社が新しい価値を生み出すために用意された猶予はとても短くなりまいました。
限られた時間を有効に使い、効果的な議論を行い、自社内で優秀なマーケッターとして成長していくことは、
あなたにとっても、そして会社にとっても重要なことです。
本セミナーが重視しているのはまさにその点です。

それでは、本セミナー「グラフィックファシリテーション入門セミナー」の内容を見ていきましょう。

プログラム1日間  15:00~17:00

絵巻物思考を身につけて多様なメンバーの想いを一つに、
本質をあぶり出し、絵空事に終わらせない未来を描く
1日目

  1. 左脳的な議論から抜け出す可視化とは?
  2. 創造的な発想や本当の問題、本質的な対話を生み出す可視化とは?   

  3. 「うまく言葉にできない曖昧なもの」「はっきり見えていないこと」を描くとは?
  4. 「メンバーがどこか腹落ちしていない未来」ではなく、多様な思いを強い意志に変えて、
    実現したくなる未来を描くには?    

  5. 未来行動をどう起こす?
  6. 絵空事に終わらせない【会議設計3枚シート】


【ケーススタディ】

  • 生活者視点とは?
  • インサイトとは?
  • 人間中心イノベーションとは?
  • 心からワクワクするビジョンとはとは?
  • 本当に解くべき社会課題とは?
  • 未来が求める新しい価値とは?

※内容は、変更される場合があります。また、進行の都合により時間割が変わる場合がございます。
 あらかじめご了承ください。

講師

やまざきゆにこ  
グラフィックファシリテーター®株式会社ユニファイナアレ  http://www.graphic-facilitation.jp/
「グラフィックファシリテーターgraphicfacilitator」はやまざきゆにこの登録商標です。

グラフィックファシリテーションは、「言葉」と「文字」だけでは伝えきれない思いのある会議で、
多様な参加者の理解をつなぐ第3のコミュニケーションツールです。「チームを一つにして」
「新しい発想を生み出し」「議論を絵空事に終わらせない」ための手法であり、
「聴いて」「描いて」「話しあう」ことで、「未来シーン」を紡ぐ力を活性化させます。

対象

  • 新規事業・新商品開発など、会社から新しい発想を求められている。
  • 新しい価値を創造するためのヒントを得たい。
  • マーケティング活動に関わっている担当者やスタッフで、もっと直感的、感覚的、映像的に
    カスタマーのニーズをつかみたい。
  • 機能スペックや技術からの発想ではなく、未来社会が求めるものの探し方を知りたい。
  • ただのアイデア出しで終わらない議論の場を作り出したい。
  • ご自身が熱い思いを持っていて「やりたい」けれども 「やってみないとわからない」新規事業へ挑戦する価値を社内にうまく伝えたい
  • 会期

    開催日
    開催時間
    開催地
    2016年9月30日(金)15:00~17:00東京

    会場

    日本能率協会・研修室(東京・千代田区・一ツ橋)
    ※開催会場は変更する場合があります。その場合は別途ご案内いたします。

    定員

    40名(10名に満たない場合は延期する場合があります)

    参加料(税抜)

    ¥10,000-
    ・参加料にはテキスト代が含まれております。
    ・本セミナー開催最終日の消費税率を適用させていただきます。

    パンフレットダウンロード




    グラフィックファシリテーション入門セミナーの申込みはこちら

    お問い合わせはこちら
    サブコンテンツ
    ページトップへ戻る