ソリューション型営業のパワーアップセミナー

問題解決・提案営業力を持った営業集団づくりのノウハウを学ぶ

本セミナー受講で学べること

低価格化が進む市場環境の中で、いかにして、差別性の失われた製品・サービスから利益をくみあげることができるかが、営業パーソンの課題です。

本セミナーでは、ソリューション型営業(問題解決型の提案営業)を顧客視点と収益視点の2つのアプローチで整理し、『営業行動の選択と集中』を学びます。

power_up

それでは、本セミナー「ソリューション型営業のパワーアップセミナー」の内容を見ていきましょう。

プログラム2日間 10:00~17:00

プログラム 1日目 10:00~17:00

■「顧客からみた価値」のプロデュース

【1】事業戦略におけるソリューション型営業の位置づけ
  ①戦略ビジネス・プラットフォーム
  ②それぞれのプラットフォームにおける営業の役割

【2】営業マンが提供すべき「顧客から見た価値」
  ①9種類の「顧客から見た価値」への誘導
  ②顧客とそのTPO(時、場所、場合)での使い分け
  グループ演習 ソリューション型営業事例の整理(戦略ビジネス・プラットフォームを使用)

solutions-based_sales

■ソリューション型営業の鉄則

【1】ソリューション型営業の効率化
  ①欧米型と日本型の違い
  ②2つのリピートで儲ける

【2】イージー・オーダー化による効率化
  ①提案の”売り”
  ②事例の”溜り”
  グループ演習 儲かるソリューション型営業のための要件抽出(ソリューションの定石プロセス・フローを使用)

プログラム 2日目 10:00~17:00

■営業機会損失の最小化

【1】製品・サービスのライフサイクル段階ごとの収益確保
  ①ライフサイクルと収益モデル
  ②ソリューション型営業の収益モデル

【2】限界利益の最大化のマネジメント
  ①差別化されていない製品から利益を汲み上げる
  ②限界利益最大化の方法論
  グループ演習 営業の機会損失事例の整理(収益モデルの戦略フレームを使用)

■営業行動の差別化

【1】ソリューション型営業行動のデザイン
  ①ブレない達成目標の設定方法
  ②突破すべき関門の明示

【2】”動き”の共有化
  ①突破のためのトライ&エラー行動のデザイン
  ②”動き”の見える化
  グループ演習 ソリューション型営業マンの”動き”をデザイン(ソリューション行動の戦略フレームを使用)

※内容は、変更される場合があります。また、進行の都合により時間割が変わる場合がございます。
 あらかじめご了承ください。

講師

水島 温夫
フィフティー・アワーズ 代表取締役 主席研究員

慶應義塾大学機械工学修士、スタンフォード大学化学工学およびシビルエンジニアリング修士。 石川島播磨重工業株式会社を経て、三菱総合研究所に入社。 国際経営コンサルティング部長、経営コンサルティング事業センター長を経て、 現在、フィフティ・アワーズ代表取締役。
製造業からサービス業にいたる幅広い業界にわたってコンサルティング活動を展開している。
事業戦略、組織戦略をはじめ、数多くのプロジェクトを手掛ける。 幅広く事業コンサルティングを手掛けること、30年、その中で培った経験を生かし日本企業が世界で勝つための経営手法を開拓してきている。

グループ演習ファシリテーター

澤井 弘昌

元旭硝子(株)にてB2B営業に長年従事。ソリューション型営業を実践、アジアでの海外営業も経験。

対象

営業マネジャー、リーダー、営業部門幹部

会期

開催日
開催時間
開催地
2016年10月4日(火)~10月5日(水)10:00~17:00東京

会場

日本能率協会・研修室(東京・千代田区・一ツ橋)
※開催会場は変更する場合があります。その場合は別途ご案内いたします。

定員

24名(5名に満たない場合は延期する場合があります)

参加料(税抜)

日本能率協会法人会員89,000円/1名
上記会員外99,000円/1名

・参加料にはテキスト、昼食費が含まれております。
・本セミナー開催最終日の消費税率を適用させていただきます。

ソリューション型営業のパワーアップセミナーの申込みはこちら
サブコンテンツ
ページトップへ戻る