グラフィックファシリテーター®に学ぶ 問題を「絵で解く」ファシリテーション体験ワークショップ
マーケティング戦略 基礎コース
はじめてのマーケティング実務基礎セミナー
B to Bマーケティング 基礎セミナー

日本能率協会は伝統的なマーケティング理論と
新しいマーケティング手法を兼ね備えた
次世代のマーケターが世界を変えると信じています。
様々な手法/情報が氾濫している今、
体系的な理論の習得/習熟が
これからのマーケティングには必要であると信じています。

   

皆様の会社は、変化の激しい社会情勢に対応できているでしょうか。

IT技術の進化により、我々は今までとは桁違いに多い情報を手軽に手に入れることができるようになりました。また、SNSの進化は、多様なコミュニティを生み出すとともに、多様な趣味嗜好を許容する社会を生み出しました。

これらの変化は、マーケティング手法の複雑化につながり、その結果、多種多様なマーケティング手法が世に出てきています。

例えば、デジタルマーケティング、アドボカシーマーケティング、アンバサダーマーケティング、マーケティング・オートメーション、1to1マーケティング、共創マーケティング、などなど。

これらの手法を勉強するだけでも大変なことですし、自社に最適な手法を探し出すことも難しいのが現状ではないでしょうか。

なぜマーケティングの本質を理解することが重要なのか?

大切なことは、いかに革新的な手法が生み出されようとも、マーケティングの本質が変わるわけではないということです。

近代マーケティングの父とも呼ばれているフィリップ・コトラー氏は、著書の中でこのように述べています。

「オールドエコノミーもすたれたわけではなく、ニューエコノミーと併存している。
企業は過去に有用だったスキルやコンピテンシー(能力)を失わないように努め、同時に、新しい発想やコンピテンシーを吸収しなければならない。さもなければ、繁栄は望みえないだろう。」(「コトラー 新・マーケティング言論」より)


また、IBMで会長を務めた経験のあるルイス・ガースナー氏もこのように述べています。

「経済が180度変容したわけではない。・・・いわば、戦争の本質が変わったのではなく、火薬が発明されたということだ」(「コトラー 新・マーケティング言論」より)

ガースナー氏はマーケティングを戦争に例え、デジタルやITを火薬に例えています。 画期的なツールが開発されても、マーケティングそのものの本質は変わりません。


マーケティングの本質が変わらないからこそ、過去に有用だったスキルやコンピテンシーを大事にし、伝統的なマーケティング理論を体系的に身につけることはとても有用なことです。 そのうえで、新しい手法を理解し、活用することがこれからのマーケターに求められるスタンスであり、 自社が顧客へ新しい価値を提供し続けるために重要なことです。



以下のような事項にお悩みの方は、是非プログラムをご一読ください。

  • 普遍的な、どこでも通用するマーケティング理論を学ばせたい
  • マーケティングについて体系的に学ばせる必要を感じている
  • 若手マーケターに、様々なマーケティングの世界を見せて好奇心を持ってもらいたい
  • マーケティング業務を見直し、前例踏襲から変えたい
  • 自社のマーケティング業務しか経験したことが無く、他業界のマーケティングの世界を見せたい
  • 一度業務から離れさせ、今後のマーケティングについて考えさせる時間を持たせたい
  • 異業種で働いている同年代・同職種の方々と競わせたい
  • 異業種とのネットワークを構築してほしい
  • OJTでの教育に限界を感じている
  • 自社の未来を変えたい

JMAマーケティング・CS/営業分野プログラム 5つの特徴

1マーケティング・CS/営業分野に関する専門プログラム

マーケティング・CS/営業分野に携わる方々に求められる役割は、高度化・複雑化しています。JMAでは研修テーマごとに専門プログラムをご提供しており、複雑化する皆様のニーズに合わせた商品を提供しています。

2マーケティング業務の体系的な理解を重視

講師には共通してあるお願いをしています。 「セミナーを通じて、体系的にマーケティングを学ぶことのできる立てつけにしてください。」 複雑化するマーケティング業務に活用してもらう為、特定の分野に偏りすぎることなく、体系的にマーケティングを学んでいただけるようにセミナーを構築しています。

3仕事・実務で活かせるプログラム

JMAでは「理論よりも実践」をを何よりも重視し、70年以上人材育成を支援してきました。どの企業でも基本となる考え方をベースに、基本の確認・習得と演習による考え方の定着を行い、実務に応用できるプログラムを実施しています。

4事例講演会など、多様なニーズにこたえたプログラム

セミナーだけでなく、事例講演会も実施しています。学んだ知識を実務に生かすには、他社の事例に触れることが何よりの近道です。セミナーで学んだ体系的な知識を、自社での業務に生かすことはもちろん、他社事例にも当てはめながら深堀することで、貴社のマーケティング・CS/営業分野の受講生に実務を意識したスキルを身につけていただけます。

5一流の講師陣

講師は,各科目とも経験が豊富な実務家,専門コンサルタントが担当し、応用性のある実践的なプログラムになっています。また、専門的なプログラムでは、二人以上の講師がセミナーを担当することで、受講者の皆様の細かなニーズにも対応いたします。


ご興味のある方は、下記リンクをクリックしてください。
JMAがご案内できるマーケティング/営業・CS分野のセミナー一覧をご覧いただけます。
JMAマーケティング分野の公開セミナーはこちらから
JMA営業・CS分野の公開セミナーはこちらから


最新情報

2017年9月18日
インタビュー
福田講師インタビューその7「個客起点でコミュニケーションの最適化を図る」
日本能率協会で講師を務めておられる縄文コミュニケーション株式会社 代表取締役 福田博講師からお話を伺いました。 (以下敬称略、役職当時) 個客起点でコミュニケーションの最適化を図る 中川 おっしゃるように、ターゲットに共・・・
2017年9月11日
インタビュー
福田講師インタビューその6「広告効果を検証する」
日本能率協会で講師を務めておられる縄文コミュニケーション株式会社 代表取締役 福田博講師からお話を伺いました。 (以下敬称略、役職当時) 広告効果を検証する 中川 経費の削減が厳しくなる中、担当者には、よりシビアなコミュ・・・
2017年9月4日
インタビュー
福田講師インタビューその5「デジタルマーケティングは、益々進化する」
日本能率協会で講師を務めておられる縄文コミュニケーション株式会社 代表取締役 福田博講師からお話を伺いました。 (以下敬称略、役職当時) デジタルマーケティングは、益々進化する 中川 デジタルメディアや個客データ解析技術・・・
2017年8月28日
インタビュー
福田講師インタビューその4「ファンを創るブランド・コミュニケーションの組立て方」
日本能率協会で講師を務めておられる縄文コミュニケーション株式会社 代表取締役 福田博講師からお話を伺いました。 (以下敬称略、役職当時) ファンを創るブランド・コミュニケーションの組立て方 中川 「これからのコミュニケー・・・
2017年8月21日
インタビュー
福田講師インタビューその3「ブランド力向上は、大きな競争優位」
日本能率協会で講師を務めておられる縄文コミュニケーション株式会社 代表取締役 福田博講師からお話を伺いました。 (以下敬称略、役職当時) ブランド力向上は、大きな競争優位 中川 商品のコモディティ化が進んで、差別化が難し・・・
サブコンテンツ
ページトップへ戻る